医療法人社団豊済会下落合クリニック

〒161-0033
新宿区下落合2-1-6
(高田馬場、目白駅より徒歩7分)
電話:03-3953-1711
Fax:03-3953-1705

診療時間・休診日

人工透析内科
午前 8時30分〜14時
午後 14時〜22時
休診日 日曜

一般内科
午前 10時〜12時
午後 16時〜 18時
休診日 土曜午後・日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

 

診療案内

診療科目・診療時間

外来診療(一般内科、腎臓内科)

  日・祝
10:00〜12:00 井上 井上 菊地
(※)
菊地
(※)
菊地
(※)
菊地 ×
16:00〜18:00 大塚 菊地
または
日比
× ×

第2週の土曜日のみ井上

診療科:
一般内科、腎臓内科(※)
診療時間:
午前10:00〜12:00 午後16:00〜18:00
(最終受付時間は15分前となります。)
休診日:
土曜午後・日曜・祝日
(医師の都合により、変更・休診となる場合がございます。予めご了承ください。)
診療内容:
水曜日・木曜日の外来では、一般内科以外に下記の診療を行っています。

  • 慢性腎臓病・慢性腎不全
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症

外来紹介

当院の外来では慢性腎臓病(Chronic kidney disease:CKD)と、この原因となる糖尿病や高血圧の診療を中心としています。

CKDの患者数は約1400万人であり、非常に多くの成人が罹患している国民病です。CKDは約30万人の透析患者の予備群であり、透析導入を防ぐためには、CKDにならないための糖尿病や高血圧の管理、CKDの早期診断と治療が重要です。

CKDの初期には自覚症状がほとんど無く、これがCKDの怖いところです。そして腎臓は一定のレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。放っておくと、どんどん進行して取り返しのつかないことになります。このため、健康診断での尿蛋白や尿潜血、クレアチニンなどの腎機能検査が重要となります。

健康診断で尿蛋白や尿潜血を指摘された方、以前よりクレアチニン(Cr)値が高いと言われている方、糖尿病や高血圧を指摘された方は、ぜひ当院の外来を受診して下さい。

尿蛋白について
腎臓に障害があると血液中の蛋白質が尿に漏れ出します。そして、尿蛋白が持続すると腎機能が徐々に低下します。原因は糖尿病、慢性糸球体腎炎や高血圧などが挙げられます。

クレアチニン(Cr)について
クレアチニンは筋肉で生成されて、腎臓から尿中に排泄されます。しかし、腎臓の働きが悪くなると、尿中に排出されずに血液中に溜まっていきます。そのためクレアチニン値が高いということは腎臓の濾過や排泄がうまくいっていない、すなわちCKDと診断できます。

 

ページの先頭へ戻る