外来診療・クリニック概要

診療科目・診療時間

外来診療(一般内科、腎臓内科)

表を左右にスワイプしてご確認ください。

日・祝
10:00~12:00 井上 井上 菊地
(※)
菊地
(※)
菊地
(※)
菊地
16:00~18:00 大塚 菊地
または
日比

第2週の土曜日のみ井上

診療科
一般内科、腎臓内科(※)
診療時間
午前10:00~12:00 午後16:00~18:00
(最終受付時間は15分前となります。)
休診日
土曜午後・日曜・祝日
(医師の都合により、変更・休診となる場合がございます。予めご了承ください。)
診療内容
水曜日・木曜日の外来では、一般内科以外に下記の診療を行っています。
  • 慢性腎臓病・慢性腎不全
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症

外来紹介

当院の外来では慢性腎臓病(Chronic kidney disease:CKD)と、この原因となる糖尿病や高血圧の診療を中心としています。

CKDの患者数は約1400万人であり、非常に多くの成人が罹患している国民病です。CKDは約30万人の透析患者の予備群であり、透析導入を防ぐためには、CKDにならないための糖尿病や高血圧の管理、CKDの早期診断と治療が重要です。

CKDの初期には自覚症状がほとんど無く、これがCKDの怖いところです。そして腎臓は一定のレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。放っておくと、どんどん進行して取り返しのつかないことになります。このため、健康診断での尿蛋白や尿潜血、クレアチニンなどの腎機能検査が重要となります。

健康診断で尿蛋白や尿潜血を指摘された方、以前よりクレアチニン(Cr)値が高いと言われている方、糖尿病や高血圧を指摘された方は、ぜひ当院の外来を受診して下さい。

尿蛋白について

腎臓に障害があると血液中の蛋白質が尿に漏れ出します。そして、尿蛋白が持続すると腎機能が徐々に低下します。原因は糖尿病、慢性糸球体腎炎や高血圧などが挙げられます。

クレアチニン(Cr)について

クレアチニンは筋肉で生成されて、腎臓から尿中に排泄されます。しかし、腎臓の働きが悪くなると、尿中に排出されずに血液中に溜まっていきます。そのためクレアチニン値が高いということは腎臓の濾過や排泄がうまくいっていない、すなわちCKDと診断できます。

医師紹介

理事長・院長 菊地 勘

患者様へのご挨拶

表を左右にスワイプしてご確認ください。

平成10年3月 杏林大学医学部卒業
平成10年4月 杏林大学医学部 第3内科
平成13年4月 東京女子医科大学 第4内科(腎臓内科)
平成18年4月 東京女子医科大学
腎臓病総合医療センター
血液浄化療法科 助教
平成21年4月 医療法法人社団豊済会 下落合クリニック 院長
東京女子医科大学
腎臓病総合医療センター
血液浄化療法科 講師(非常勤)
平成26年1月 医療法法人社団豊済会 理事長
  • 医学博士(東京女子医科大学)
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会 登録医

学会等での主な活動

日本透析医学会

  • 学術委員会 学術専門部小委員会 委員
  • 学術委員会 血液浄化療法の機能・効率に関する小委員会 委員
  • 統計調査委員会 統計解析小委員会 委員
  • 透析患者におけるC型肝炎の治療ガイドライン作成ワーキンググループ 委員
  • 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン改訂ワーキンググループ
    評価委員会 委員

日本透析医会

  • 医療安全対策委員会 感染防止対策部会 委員
  • 透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン 作成委員

日本腎臓学会

  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009作成ワーキンググループ 委員
  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018改訂ワーキンググループ 委員

日本肝臓学会

  • B型肝炎治療ガイドライン 作成委員
  • C型肝炎治療ガイドライン 作成委員

日本下肢救済・足病学会

  • ガイドライン委員会 委員

厚生労働科学研究

  • 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服政策研究事業
    「肝炎ウイルス感染状況と感染後の長期経過に関する研究」班(疫学班) 分担研究者
  • 厚生労働行政推進調査事業費補助金 難治性疾患等政策研究事業
    「糖尿病及び慢性腎不全による合併症足潰瘍・壊疽等の重症下肢虚血重症化の予防に関する実態調査」 分担研究者

受賞

  • 平成27年 日本透析医学会 奨励賞

所属学会

  • 日本内科学会、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本透析医会、日本人工臓器学会、日本アフェレシス学会、日本腹膜透析学会、日本急性血液浄化学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本下肢救済・足病学会、日本フットケア学会、日本糖尿病協会

クリニック概要

下落合クリニックは昭和58年に新宿区下落合4丁目に開設し、平成11年に下落合3丁目に移転、そして平成24年より下落合2丁目に移転いたしました。

名称
医療法人社団 豊済会 下落合クリニック
(いりょうほうじんしゃだん ほうさいかい しもおちあいくりにっく)
Shimoochiai clinic
開設者
理事長 菊地 勘(きくち かん)
責任者
院長 菊地 勘(きくち かん)
住所
〒161-0033 新宿区下落合2-1-6
2-1-6 Shimoochiai,Shinjyuku-ku,Tokyo
電話・FAX
【TEL】03-3953-1711
【FAX】03-3953-1705
診療科目
内科 人工透析内科
診療時間
一般外来 午前10:00~12:00
午後4:00~6:00 (土曜日は午前中のみ)
透析治療 昼8:30~14:00 夜14:00~22:00
保険取扱
社会保険(政府・健保・共済・船員)
国民健康保険取扱医療機関 生活保護法指定医療機関
人員配置
医師2名
非常勤医師11名
看護師13名
臨床工学技士11名
介護福祉士3名

院内の紹介

下落合クリニックでは最新の医療設備とバリアフリーを徹底した院内設備で、患者様をお迎えしております。詳しくは「施設・設備の紹介」ページをご覧ください。

施設・設備の紹介を見る


トップに
戻る